車検を安く!知って得するポイントと知らないと危ないポイント。

知って得するポイント

車検をよりお得に受けるために必ず知っておきたいことは2つあります。
ひとつめは、『代行手数料』に関することです。この『代行手数料』とは、自社に国に認可された車検工場を持っていない店舗で車検を受ける際に発生する費用のことを指します。要するに、自社に車検工場を持っている店舗であれば発生しない費用なんです。つまり、これを知っているだけでこの料金は抑えることが可能ですね。
ふたつめは、『店舗ごとの特徴』についてです。自動車メーカーと契約のある”ディーラー”と呼ばれるタイプの店舗は信用を第一に考えている為、少しの不良でも新品部品に交換するケースが多く、費用は高くなる傾向にありますが一流の整備士による完璧な整備に期待ができます。一方、民間の整備工場やチェーン店などは費用面に関する融通が効きやすい傾向はありますが、作業員はアルバイトの従業員であるケースも珍しくはありません。

知らないと危ないポイント

知らないと危ないポイントとしては『検査項目』に関することが一番に挙げられます。車検には国の定めたいくつもの項目があり、すべての項目の基準を満たしていれば車検を受けた車両として認定され、新たに2年間公道を走行する許可が得られるのです。つまり極端な話をすれば、基準値内に収まっている不良や消耗であれば、今すぐに整備・交換する必要はないということになります。
しかし、店舗側は少しでも多くの利益をとりたいはずですから、ちょっとした不良でも交換を勧めてくることあります。ですので、このことを知らずに車検を受けると、交換する必要のない部分まで交換することになってしまう可能性があるので注意が必要ですね。交換を勧められた個所があった場合は、交換しなければ車検を通過できないのかを確認する必要があります。