ここでホントに大丈夫?失敗しない車検業者の選び方!

車検は合い見積もりが当たり前?

車を所有している人にとって頭の痛い時期が2年に一度の車検です。
車検は法令で義務付けられているので、車を持つ以上は受けなくてはいけません。しかし、受けるのなら少しでも費用は抑えたいところですよね。現在ではディーラーの他、カー用品店、町の整備工場などで車検を受けることが出来ますが、「ずっとここでお願いしているから」といって一社にしか依頼していたりしませんか?少しでも安く車検を受けたいなら、複数の業者に見積もりを出してもらいましょう。税金などの法定費用はどこも変わりませんが、合格するために整備が必要になる場合があります。その整備費用は業者によって差が出てくるから相見積もりが大切なのです。その内容から本当に安心して任せられる業者がわかります。

よく分からない費用が?そんな上乗せ業者に注意

整備費用というものは、車検に出す車の状態によって変わってきます。特に問題がなければいいのですが、二年も乗っていると多少なりとも交換しないといけない部品も出てきます。そこで見積もりによって信頼できる業者かどうかわかるのです。
例えば、同じ部品でもディーラーは純正品をそのまま交換します。カー用品店では同じ部品でも社外品の安い部品があればそちらを勧めてくれます。修理工場は中古車の扱いも多いので中古部品を使って安く出来る場合があります。このように業者によって対応が違うのですが、肝心なのは見積もりの中に不明な交換部品が記載されていないかということ。お願いする側からはどこが悪いのかわかりませんから、言われたとおりにお願いしてしまいそうですが、中には特に交換の必要もないのに念のためといって余計な部品を交換したりする場合もあるんです。そうしたときは他社の見積もりと見比べて、本当に必要なのかを確認することで未然に失敗を防げます。